【レビュー】ビルケンシュトックのアムステルダムはルームシューズの最高峰だと思った。

サンダル

ついに、念願の、アムステルダムを買っちゃいました!!!

マジでずーっと欲しかったんですよ。

 

誰にでもありますよね。憧れのアイテムって。

 

僕にとっては、それがアムステルダムだったんです。

でも、一般的なルームシューズと比べて倍以上の価格だから買うのを躊躇っていました。

たぶん僕と同じように悩んでいる人は多いんじゃないでしょうか。

そこで今回はアムステルダムを約3ヶ月間使ってみた感想をみなさんにお伝えしたいと思いました。

ルームシューズの最高峰と言っても過言ではないほどの魅力を知ってもらえたら嬉しいです。

 

【画像付き】サイズ39のアムステルダムを履いてみた

まずはアムステルダムを見てもらいたいので着用画像を公開します。

僕が履いているサイズは「39」です。

普段は26.5〜27cmの靴を履いていますが、サンダルやルームシューズは素足で履くものなので少し小さめがベストだと考えています。

こちらの記事でサイズ選びの詳しい内容を解説しています。興味があれば読んで見てください。

 


かかとがぴったりの位置になるようにサイズ選びをするのが僕のこだわりです。

 

スウェットパンツとアムステルダム

お風呂上がりのリラックスタイムにソファーで読書。

 

アムステルダムはグレーのスウェットパンツにもよく馴染みます。

 

ベランダへ

砂ぼこりや葉っぱが落ちているベランダも、アムステルダムなら全然気になりません。

 

靴底がゴム製だからお風呂場もOK

ちょっと濡れているお風呂場もルームシューズのまま入れます。

靴底がゴム製なので水が侵入してくる心配はありません。

 

 

使いはじめて3ヶ月後・・・こんな風になった

まずはアウトソールのすり減り。

コンクリートの上を歩いているわけではないので、3ヶ月使用しても特にすり減っている様子はありません。

 

でも、入り口のあたりは少し傷んできました。

サイドの部分は毛玉みたいな感じなので、キレイに元の状態へ戻せます。

かかとの部分は自分で修理するのが難しそうです。

もっとひどい状態になったら、靴の修理屋さんで相談してみるといいかもしれません。

 

フットベッドに印字されている文字もうっすらと消えてきました。

最初の頃は、緑色の文字が足の裏に付くのでお風呂に入るとき洗い流すようにしましょう。

実際に足の裏が汚れたときの写真が残っていたので載せておきます。

※「足の裏なんて見たくない」という人は、そのままスルーしてください。

見たい人だけタップ

こんな感じで足の裏が緑色に・・・笑

洗えば落ちるので心配する必要はないです。

 

アムステルダムをおすすめする3つの理由

  1. 足裏のフィット感がハンパないから疲れにくい
  2. 丈夫で長持ちするからルームシューズを買い換えなくていい
  3. 屋内でもおしゃれな気分に浸れる

先ほどは画像を見ていただきましたが、それだけではすべてを伝えきれません。

というわけでアムステルダムを猛烈におすすめする理由についてお話していこうと思います。

 

【理由1】足裏のフィット感がハンパないから疲れにくい

一般的なルームシューズって、底がペタンコになっていますよね?

だから土踏まずとの間にスキマが生まれてしまい、足裏への負担を感じるようになります。

でも、アムステルダムはブランド独自のインソール『フットベッド』を採用しているので、足裏にピタッと吸い付いて離れません。

常に安定感があり、足の疲れ具合がすこし改善されました。

また、一般的なルームシューズだと、素材が薄くて床の固さが足に伝わってきますが、アムステルダムはソールに厚みがあるおかげで、足がしっかり守られているように感じます。

家の中を靴で歩いているような感覚ですね。

 

【理由2】丈夫で長持ちするからルームシューズを買い換えなくていい

アムステルダムは、数あるルームシューズの中で断トツに丈夫なんじゃないかと思います。

靴底はゴム製だし、表面はフェルト素材でしっかり覆われているし。

ぶっちゃけ屋外でも使えます。

実際に外履き用として使用している人が、Amazonのレビューに書き込んでいましたからね。

それぐらい丈夫なので、次に買い換えるのは何十年後になるのか・・・

今まで安物のルームシューズを何度も買い換えていた自分がバカバカしくなります。

 

【理由3】屋内でもおしゃれな気分に浸れる

アムステルダムを履いているだけで、家の中やオフィスの中でもおしゃれな気分に浸れます。

数あるルームシューズの中でもダントツでセンスが良いし、履き心地も価格も最高峰だと思います。

サンダル界の王様と言われている『ビルケンシュトック』のルームシューズですからね。

周りの人と差をつけたいなら、この一足以外は考えられないんじゃないでしょうか。

 

なぜアムステルダムを買おうと思ったのか

  • 自宅で仕事をしているから
  • 安いルームシューズを何度も履きつぶしたから
  • 5年以上前から憧れていたから

僕がアムステルダムを買おうと思ったきっかけについてお話します。

 

・自宅で仕事をしているから

僕は普段から自分の部屋でパソコン仕事をしています。

おそらく靴を履いて外を歩いている時間よりも、スリッパを履いて床を歩いている時間の方が長いんじゃないでしょうか。

それなのに今までルームシューズには気を使っていませんでした。

安いルームシューズだと土踏まずをカバーしていないので、段々と足が疲れてきます。

でも、アムステルダムなら特許技術の『フットベッド』を採用しているので、あの履き心地をそのまま家の中でも味わえます。

足裏にぴったり吸い付いて疲れを感じにくいのが魅力です。立ち仕事が多い主婦の方にも絶対におすすめできます。

もしビルケンシュトックを一度も履いたことがないという人は、店頭でサンダルを試着させてもらうのがいいでしょう。

 

・安いルームシューズを何度も履きつぶしたから

僕は今まで無印良品のルームシューズを使っていました。(※上の画像を参照)

1,000円ぐらいで売られているボーダー柄のデザインですね!

 

それを何度も履き潰して、何度も買い換えて・・・

 

こんなことを繰り返すうちに「何だかもったいないなぁ」と思うようになりました。

通算で5足ぐらい買ったので、合計5,000円も使っていますからね。

それなら丈夫で長持ちするアムステルダムを買った方がおトクなんじゃないかなって。

マメにお手入れさえしてあげれば、長く使えるルームシューズです。

床を歩いているだけなら、ソールがボロボロになる心配もないですしね。

無印のルームシューズを批判しているわけではありません。

ボーダー柄の可愛いデザインで大変気に入っていました。

 

・5年以上前から憧れていたから

最後の理由は、単なる憧れです。

かれこれ5年以上前から「このルームシューズ欲しいなぁ」と思うようになりました。

「こんな家に住みたいなぁ」「あの車カッコいいなぁ」っていう感覚と同じです。

憧れているモノがあるなら、妥協してはいけません。絶対に後悔します。

だから僕は他の安いブランドではなく、アムステルダムを選びました。

 

【気になるポイント】アムステルダムを履くと夏は暑いです(笑)

こればかりは、どうしても避けられないんですが、アムステルダムは夏場に向いていません。

足に密着するフットベッドは、蒸し暑さを感じます。

でも、言い換えればそれだけ足の裏にフィットしていて疲れにくいということです。

疲れにくさを優先するか、快適さを優先するか考えてみてください。

もし快適さを優先したいなら、夏場だけ他のルームシューズを履くのもアリだと思います。

 

冬場はめっちゃ暖かい

アムステルダムは夏に向いていませんが、逆に冬場は重宝します。

靴底が分厚いから、床の温度が足裏に伝わってこないことが大きな魅力ですね。

靴下がなくても十分に冬を過ごせるぐらいの防寒性があります。

あとはフェルト素材が冬っぽいから、季節感が味わえる点も素敵です。

 

その気になれば外履きにも使える

アムステルダムは、丈夫な上に靴底がゴム製なので、その気になれば外履きでも利用できます。

僕は面倒くさがりなので、ゴミ出しやコンビニに行くときにそのまま履いていったことがあるんですが、とくに違和感はなかったです。(※良い子は真似しないでください。)

帰宅後に靴の裏をサッと拭き取ればとくに問題はありません。

雨の日以外なら余裕で使えます。

 

まとめ

  • ビルケンシュトック独自のフィット感を自宅の中で体感できる
  • 丈夫で長持ちする
  • 数あるルームシューズの中でも断トツにおしゃれ
  • 使おうと思えば外履きにも使える
  • 夏は暑いので覚悟が必要

アムステルダムを履いたことによって、ルームシューズに対する常識が変わりました。

もう他社の商品は履けないぐらい気に入っています。

なんでもっと早く買わなかったんだろうと後悔するレベルです。