【ビルケンシュトック】まだ間に合う?チューリッヒ50周年限定モデルが登場!

サンダルが好きな方ならビルケンシュトックの存在を知らない方はいませんよね?

その中でも不動の人気を誇っているモデルといえば、やはりチューリッヒです。

このモデルが誕生したのは、1966年。

つまり、すでに50周年を迎えているということなんです。

そこで今回は、50周年を記念してリリースされたチューリッヒの記念モデルを紹介していきます。

Amazonでビルケンシュトックの50周年を探す

 

これがチューリッヒの50周年日本限定別注モデルだ!

こちらはチューリッヒの50周年を記念して、日本限定で発売されているモデル

価格は9,720円(税込)。

 

なぜ安いのかというと、レザー製ではないからです。

普通のチューリッヒなら余裕で1万5000円以上はしますからね。これはお買い得!

さらに黒と白の2パターン展開で、ユニセックス仕様になっています。

しかし、公式サイトではすでに売り切れているようです。

たしかにこのデザインなら、争奪戦が起きてもしかたないですよね。

しかも日本限定となれば、ファンが殺到します。

でも安心してください。

チューリッヒの50周年モデルは公式サイトだけで売られているわけではありません。

 

チューリッヒの50周年モデルは、まだ残っていた。

じつはビルケンシュトックの50周年モデルは、まだギリギリ購入できます。(2017年7月現在)

限定モデルはいつ売り切れになるか分からないので、ほしい方はとにかく急ぎましょう。

 

ベージュと白で上品に仕上げたチューリッヒ

ベージュのアッパー(靴底以外の部分)と白のソール(靴底)が上品なチューリッヒの50周年モデル。

中敷きは、発売当初のものをイメージして作っており、まさに復刻版といった印象です。

ビルケンファンにはたまらないんじゃないでしょうか?

こちらのモデルは、39(約25cm)〜43(約28cm)まで揃っています!※2017年6月4日現在

 

差し色に使える「赤」のチューリッヒ

赤のスウェードで作られたサンダルです。

赤といえば、差し色に使いたいカラー

初心者はまず濃紺のデニムパンツや黒のスキニーパンツなどで合わせてみましょう。

こちらは39、41、42、43が残っていますが、人気の40は売り切れです!※2017年6月4日現在

珍しいカラーで個性を出したい人は、ブルーのチューリッヒ

サンダルでこのカラーリングは珍しいですね。

他の人と違うものを履きたい方には、おすすめです。

こちらは43しか残っていません!※2017年6月4日現在

チューリッヒの日本限定モデル(白)は余っているのか?

公式サイトでは売り切れている「白」のモデル。

以前はAmazonでも残っていましたがすでに完売しているようです。

ほかのカラーとはまったく違う存在感を発揮しているので、おすすめだったんですけどね。

でもほかのモデルなら白のサンダルが売られています。

「別にチューリッヒじゃなくてもいっか!」

っていう人はぜひチェックしてみてください。

 

サイズ選びを間違えないように注意しましょう。

サンダルはサイズ選びを間違えると、とてもカッコ悪くなってしまいます。

なぜなら、肌がむき出しになっていてサイズの誤差がバレるからです。

とくに限定モデルなどの人気商品の場合、自分のサイズが売り切れていることがあります。

しかし、「欲しい!」という気持ちが勝ってしまって、ついつい普段のサイズと違うものを買ってしまいがち。

自分にぴったりのサイズがなければ、大人しく諦めるのが良いと思います。

 

サイズ選びの参考

僕は普段26.5cmの靴を履いていますが、ビルケンの場合は「39」を履いています。

本来なら「40」でもいいのですが、個人的にぴったりが好きなので、あえて「39」を選びました。

こちらの記事にチューリッヒの着用レビューを書いているので、参考にしてください。

【着用レビュー】ビルケンシュトックのチューリッヒが最強すぎてヤバい。もう3年以上は使ってる!

2017.04.30

 

【まとめ】

今回はチューリッヒの限定モデルについて紹介しました。

やはり限定モデルなので、売り切れになっている色やサイズが目立ちます。

現状ではまだ残っているものもありますが、いつ売り切れになるかはわかりません。

気になる商品があれば早めにゲットしちゃいましょう。