【着用レビュー】ビルケンシュトックのチューリッヒが最強すぎてヤバい。もう5年以上は使ってる!

サンダル界の王様ビルケンシュトック。

その中でアリゾナに続いて高い人気を誇っているのが『チューリッヒ』です

アリゾナが一般向けだとしたら、チューリッヒは中級者〜上級者向けと言えます。

おしゃれ感度が高い人に愛されているロングセラーモデルです。

 

ぼくがこのサンダルを購入したのはおよそ5年前。

はじめは「価格が高いなぁ…」と思って買うか悩みました。

でも、チューリッヒを買って5年以上が経った今でも、後悔したことは一度もありません

というわけで今回は、チューリッヒの着用画像や感想をお伝えしていきます。

 

チューリッヒの着用画像を公開するよー!

ブルーデニムとチューリッヒでコーディネート

ブルーのダメージデニムで合わせました。

この色味のデニムパンツなら多くの人が持っていると思います。

Soya

ブラウンとネイビーのデニムは相性抜群ですよ。

 

ライトインディゴデニムとチューリッヒでコーディネート

ライトインディゴのデニムで合わせました。

こちらもデニムの色味とよく合っています。

 

柄物ショートパンツとチューリッヒでコーディネート

柄物ショートパンツで合わせました。

ショートパンツスタイルは夏コーデの1つなので、ぜひチャレンジしたいですね。

 

チューリッヒの履き心地は?最高です!

チューリッヒは、足の甲を大きく包み込んでくれるので、ほかのサンダルと比べてとてもホールド力が高いです。

かかとがペタペタしてると歩きにくいし、音が鳴るし、カッコ悪い!

でも、チューリッヒならまるでスニーカーを履いているようなフィット感を味わえます。

夏場はイベントも多いので歩く機会が増えますよね?

すこしでも足の疲れを軽減させたいならチューリッヒを履きましょう。

 

チューリッヒの気になるところ

めちゃくちゃオシャレで申し分ないチューリッヒですが、すこし気になるところがあります。

それは「真夏の日中に履くとすこし暑い」ということです。

とくに猛暑の日に履くと若干ムレますね。

でも、夜ならふつうに使えるので夏祭りや花火大会などで活躍すること間違いなしです。

 

チューリッヒの良いところ

  1. 大人っぽさと高級感がある
  2. ホールド力がヤバイ
  3. 長時間歩いても疲れにくい
  4. スエード素材が上品
  5. 靴下とも合わせられる

チューリッヒには良いところがたくさんあります。

ほかのサンダルにはない魅力が詰まっているので「もっとオシャレになりたい」という人にはぴったりです。

 

【1】大人っぽさと高級感がある

足の甲を包み込む ⇒ 肌の露出面積が減る ⇒ 大人っぽく見える

チューリッヒの最大の特徴は、足の甲を大きく包み込んでくれること。

これによって肌の露出面積が少なくなるので、普通のサンダルよりも大人っぽく見えるんですよ。

Soya

サンダルコーディネートの印象は、肌の露出面積によって大きく変わることを覚えておきましょう。

 

【2】ホールド力がヤバイ

チューリッヒは、足の甲をガッチリとホールドしてくれるので、めちゃくちゃ歩きやすいです。

「うわっ、なにコレ?まるでニューバランスじゃん!」って、思わず言っちゃいます。

これほどフィットしたサンダルって、ほかになかなかないですよ。

Soya

このヤバさが体感できるのは、チューリッヒを履いている人だけ。

 

【3】長時間歩いても疲れにくい

ほかのサンダルでは味わえないようなフィット感で歩くことができるチューリッヒ。

つまり、「歩きやすい=疲れにくい」ということです。

これはビルケンシュトックのシューズ全般に当てはまります。

その理由は、ビルケンシュトックに使われているフットベッド(特殊な中敷き)が、履けば履くほど自分の足の形に馴染んでくるからです。

Soya

ぼくが履いているチューリッヒのフットベッドも段々足の形に馴染んできました

 

【4】スエード素材が上品

チューリッヒの素材には、スエードが使われています。

もちろん、その分だけ価格も高くなってしまいますが、上品さが際立っているので買ったあとに後悔したことはありません。

ビルケンシュトックで発売されているサンダルの多くは、ビルコフローという素材を使っています。

これは簡単にいうとフェイクレザーですね。

フェイクなのでその分安く買えます。

安さよりも品質を重視するならにチューリッヒはおすすめです。

 

【5】靴下とも合わせられる

一般的なサンダルで靴下コーデをすると、靴下が見えすぎてちょっと違和感があります。※個人の見解です。

でも、チューリッヒのように肌の露出面積が少ないと、靴下と馴染みやすいんですよね。

サンダルと革靴の中間的な立ち位置でコーディネートの幅が広がります。

Soya

サンダルは夏のイメージだけど、靴下コーデなら秋にも使えるよ

 

チューリッヒを購入する前の3つのチェックポイント

  1. サイズ感
  2. 素材

チューリッヒが欲しくてたまらなくなっていると思いますが!!

購入前に3つだけチェックしてほしいポイントがあります。

 

【ポイント1:サイズ感】ノーマル(幅広)とナロー(幅狭)に注意!

ビルケンシュトックのサンダルには、ノーマル(幅広)とナロー(幅狭)の2種類のサイズがあります。

あなたの足の幅に合わせて、どちらかを選びましょう。

ぼくは足が細めなので、ナロータイプを履いています。

 

【ノーマル(幅広)とナロー(幅狭)の見分け方】

左:ノーマル 右:ナロー

ノーマルとナローは、それぞれマークが違います。

 

サンダルのインソールを見て、判断しましょう。

ちなみに上の画像はナロータイプですよ。

注意

【レディースを買うときの注意点】

日本ではチューリッヒのノーマルタイプを販売していません。

レディースのノーマルタイプがほしい人は、海外通販サイトで探してみてください。

 

【ポイント3:カラー】黒・ブラウン・トープなど

チューリッヒを初めて買う人は、黒をおすすめします。

やっぱり黒が一番合わせやすいです。

でも、ブランやトープも難しい色ではないので、初心者の方でも安心して着用できますよ。

 

チューリッヒのモデル一覧

ビルケンシュトックは、種類の数だけじゃなく、カラーバリエーションも豊富なので好みに合ったものを選べます。

では、それぞれの色を見てみましょう。

 

・黒のチューリッヒ

黒なら何にでも合わせやすいし、ファッション初心者でも取り入れやすいんじゃないでしょうか?

色が落ち着いているのでさらに大人っぽく決まりますよ。

 

・ブラウンのチューリッヒ(※管理人が愛用)

こちらは僕も愛用しているブラウンカラーのチューリッヒ。

ブラウンは「スエードレザー」と「オイルドレザー」に分かれているので注意してください。

ぜひ買ってほしいのは、スエードレザーです。

上品かつ柔らかい印象を与えてくれるスエードは、ファッション初心者の方でも使いやすいと思います。

 

・トープのチューリッヒ

トープとは、フランス語でモグラという意味です。

その名のとおりモグラのような色をしていますね。

ベージュでもブラウンでもない、ちょっと変わった色ですが、チューリッヒの中ではわりと定番のカラーです。

まわりの人と差をつけたいなら、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

・ネイビーのチューリッヒ

ネイビーのチューリッヒも一応存在します。

ただ、ほとんど売られていないので諦めたほうがよいでしょう。

たまに限定モデルとして登場する感じですかね。

 

・白(ホワイト)のチューリッヒ ※限定モデル

「チューリッヒの白色がほしいなぁ〜」って思った人も中にはいるでしょう。

じつは白もリリースされています。

しかも日本限定モデルです。

ただしスエードではないので注意してください。

 

・50周年を迎えたチューリッヒの記念モデル

ビルケンシュトックのチューリッヒが生まれたのは、1966年。

つまり、誕生からすでに50年が経過しているということです。

その50周年を記念してリリースされたのが、こちらのサンダル。

ベージュカラーも合わせやすいので、いろいろなコーデに対応できますよ。

 

・スエード素材じゃない『ハバナ』というカラーもあるよ

こちらは、ハバナというカラーです。

スエード素材とは違い、硬めのレザーを使用しています。

見た目の印象がぐっと渋くなるので、また違う雰囲気を味わえるでしょう。

レザー本来の味わいを楽しみたい方にはおすすめです。

 

【まとめ】

今回はビルケンシュトックのチューリッヒというモデルについて取り上げました。

それでは最後にチューリッヒの感想をおさらいしましょう。

  • 大人っぽさと高級感がある
  • ホールド力がヤバイ
  • 長時間歩いても疲れにくい
  • スエード素材が上品
  • 靴下とも合わせられる

ぼくは購入してから後悔したことはありません。

ぜひ最高の一足を手に入れて、このすばらしさを体感してください。