【メンズ】カジュアルな白シャツを買うならコレ!おすすめのタイプと選び方を解説!

どうも、白シャツを愛してやまないフクオです。

白シャツってどれも同じように見えるから、どういうタイプを選べばいいか悩みますよね?

しかもカジュアル用となると、なおさら難しい…

そこで今回は「カジュアルな白シャツ」のおすすめタイプと選び方について徹底解説します。

結論から言うと、あなたが買うべきなのは・・・

『オックスフォードボタンダウンシャツ』です。

では、このシャツがどんなものなのか、もっと詳しく紹介していきます!

フクオ
一般的によく使われているシャツだから安心してください

 

オックスフォードボタンダウンシャツってなに?

まずオックスフォードは素材の名前ボタンダウンは襟の種類を表しています。

サラッと解説しますが、別に覚えなくても問題はないので時間がない人は飛ばしてくださいね。

 

オックスフォードは素材の名前

オックスフォードは、ほかの素材と比べて肌触りがソフトで通気性に優れています。

でも、表面はすこしザラついているイメージです。

スーツ用のシャツはサラサラしているので実際に触って比べてみたら、違いがすぐに分かると思います。

オックスフォードはカジュアルな服装によく使われるので、

「カジュアルなシャツ=オックスフォード」と覚えておいてもいいでしょう。

フクオ
誰でも使える万能アイテムだから試してみてね

 

ボタンダウンは襟の種類

ボタンダウンというのは上の写真のようなタイプです。

襟の先っぽがボタンで固定されていますね。

襟を固定することによって、首周りがキレイに見えるという効果もあるんですよ!

フクオ
人の視線は首周りに集まりやすいから、ボタンダウンだとキレイに見えるね

 

白のオックスフォードボタンダウンシャツをおすすめする理由

  1. どんな服装にも合わせやすい
  2. 首まわりが美しく見える
  3. 素材がしっかりしているのにソフトな肌触り

ぼくがオックスフォードボタンダウンシャツをおすすめする理由は上記の3つです。

では、それぞれの理由をカンタンに説明していきます。

 

1、どんな服装にも合わせやすい

1番重要なのはどんな服装にも合わせやすいことです。

カジュアルファッションにもキレイめなファッションにも馴染みやすいので、これさえ持っていれば白シャツのコーディネートに困ることはありません。

あとは何枚か予備を買っておくだけで1年を通してずーっと着回しできます。

フクオ
1枚だと洗濯が大変だから2〜3枚持っておくとすごく便利

 

2、首まわりが美しく見える

ボタンダウンシャツなら、襟の先がボタンで固定されているから首まわりが美しく見えるんです。

これだけでもシャキッとした印象になるので、女性からの評価も高くなります。

じつは首や顔のまわりって、人の視線が集まりやすい場所なんですよ〜!

逆にいうと汚れも目立ってしまうので、黄ばみなどには注意しないといけませんね。

 

3、素材がしっかりしているのにソフトな肌触り

オックスフォードは、ヒラヒラした素材のシャツと比べて厚みがあります。

それなのに肌触りがソフト!!

つい頬っぺをスリスリしたくなります。

しかもちゃんと通気性が備わっているので春や秋でも暑苦しくなりません。

オールシーズン使える万能さもオックスフォードシャツの魅力です。

フクオ
オールシーズン使えるのは嬉しい

 

カジュアルな白シャツの選び方

  1. 袖の長さ
  2. 肩幅
  3. 丈の長さ
  4. 身幅
  5. 裾の形
  6. 胸ポケット
  7. 袖口のボタンの数

カジュアルな白シャツを選ぶときに気をつけたいのは上記の7つです。

こだわればこだわるほど、自分にピッタリの服を見つけられます。

 

1、袖の長さはとても重要

シャツ選びでとくに意識してほしいのが『袖の長さ』です。

これは本当に重要なので手っ取り早くおしゃれになりたい方は、必ず意識するべきです。

上記の写真を参考にして袖の長さを覚えておきましょう。

ちょうどいい長さは、腕時計の盤面が半分見えるぐらいの位置。

袖が長いと、左の写真のようにたるんでしまって、だらしない印象を与えます。

ぴったりのものを選ぶのが一番ですが、どうしても合わない場合は、袖を2回まくってください。

手首を少し見せるだけで、印象はガラリと変わります。

ただし、ヒジのあたりまでまくってしまうのは、おじさんっぽいのでNGです。

 

2、肩幅も重要

肩幅とは肩の縫い目から肩の縫い目までの長さです。

自分の肩の幅にピッタリ合うような服を選んでください。

もし肩幅があっていないと、肩の縫い目が下に垂れ下がってしまいます。

これはすごくダラしない印象になるので、肩のラインをしっかり意識しましょう。

 

3、丈の長さは少し短めでOK

カジュアルな白シャツを選ぶときは丈の長さをすこしだけ短めにしましょう。

ベルトがちょうど隠れるぐらいでOKです。

丈が長くなるとバランスを取るのが難しくなるので初心者にはおすすめできません。

 

4、身幅はゆとりを持たせる

シャツ選びにおける身幅は、それほど重要ではありません。

ピチピチにならないように少しゆとりのあるものを選べば、大抵のシャツはいけます。

シャツを着用した状態で左右をゆびでつまみ、各4cmぐらいゆとりがあればOKです。

 

5、裾の形は?「ラウンドカット or ボックスカット」

※上から順に、ラウンドカット(フォーマル仕様)、ラウンドカット(カジュアル仕様)、ボックスカット

一番使いやすいのはカジュアル仕様のラウンドカットです。

ラウンドカットとは、一般的なシャツに用いられる裾の形で、丸みを帯びているのが特徴です。

もともとはシャツをパンツイン(タックイン)するためにこのような形で作られていました。

その一方で、ボックスカットというのは、裾をまっすぐにカットしている形を指しています。

 

【ラウンドカットのポイント】

【引用元】https://jp.pinterest.com/pin/454300681149080653/

ラウンドを日本語に訳すと「円形」です。その名の通り、裾が丸くなっていますが、シャツによって丸みの深さが変わってきます。

裾が長いタイプは、フォーマル仕様。もともとはパンツインした状態で腰をかがめても裾が飛び出さないようにという目的で作られました。

裾が短いタイプは、カジュアル仕様なので、パンツインせずに普段着と同様の着こなしを楽しめます。

 

【ボックスカットのポイント】

ボックスカットは、まっすぐに切断して四角いシルエットを作り出した裾のことを指しています。

こちらのタイプの方がよりカジュアル感を演出できますが、シャツ本来のシルエットを楽しむことができないので、おすすめしません。

ラウンドカットであれば、曲線を利用して美しい印象を作りやすいのでまずこちらから試してください。

 

6、白シャツの胸ポケットは必要?

白シャツをインナーに着用する場合だと、ポケットの有無は気にならないと思いますが、主役として着用するとなると話は別です。

たかがポケット、されどポケット。

これも立派な「デザイン」の1つです!

 

7, 袖口のボタンの数をチェック

ボタンの数によって袖をまくったときの印象は変わります。

とはいっても、ほとんどのシャツの袖口にはボタンが2つ付いているので問題ありません。

ボタンが2つあれば、袖をまくった状態でキープしてくれるので助かります。

ボタンが1つしかないと、腕まくりがほどけやすくなるので注意。

 

おすすめのカジュアルな白シャツ3選

ここからはおすすめの白シャツを3つ紹介していきます。

どれも素敵なのでじっくり選んでみてください。

 

1, 身長170cm以上の方におすすめの『メンズファッションプラス』の白シャツ

サイズ 肩幅 着丈 袖丈 身幅
M 43cm 69cm 63.5cm 49.5cm
L 44cm 71cm 64cm 51.5cm

こちらはメンズファッションプラスのオックスフォードシャツです。

安心の日本製なので、海外製品と比べて「糸のほつれ」や「シルエット(服の輪郭)のゆがみ」などは気になりません。

口コミでの評価も高く、質感やフィット感を喜んでいる声がいくつか寄せられています。

ただサイズ表を見るかぎり、身長170cm以下の方にはおすすめできません。ちょっとサイズが大きいと思います。

 

 

2, 細身の男性でもイケちゃう日本製の白シャツ「ciao(チャオ)」

サイズ 肩幅 着丈 袖丈 身幅
S 40cm 64cm 59cm 48cm
M 42cm 66cm 61cm 50cm
L 44cm 68cm 63cm 52cm
XL 46cm 70cm 65cm 54cm

こちらは細身の男性でもジャストサイズで着こなせるチャオの白シャツです。

「袖や着丈が長すぎる」といった問題は起きにくいでしょう。

とくにSサイズは、かなり細身なので高校生でもいい感じで着用できます。

それと日本製の服は価格が高いイメージですが、こちらは4000円ほどで購入が可能!

Amazonのレビューも良いのでコスパ重視にはおすすめですね。

 

 

3, MANUAL ALPHABET(マニュアルアルファベット)の白シャツ

サイズ 肩幅 着丈 袖丈 身幅
1(S相当) 43cm 71cm 60cm 48cm
2(M相当) 45cm 73cm 61cm 51cm
3(L相当) 47cm 75cm 62cm 54cm
4(XL相当) 49cm 76cm 63cm 56cm

こちらはルイヴィトンやバーバリーなどの高級ブランドにも使用されている「播州織(ばんしゅうおり)」を用いたマニュアルアルファベットの白シャツです。

シャツづくりに相当こだわりを持っているので、高級志向の方にはおすすめできます。

 

まとめ

今回は「カジュアルな白シャツ選び」で困っている方のためにおすすめの種類をご紹介しました。

最後にもう一度おさらいしていきましょう。

おすすめの白シャツは、オックスフォードのボタンダウンシャツです。

  1. 袖の長さ
  2. 肩幅
  3. 丈の長さ
  4. 身幅
  5. 裾の形
  6. 胸ポケット
  7. 袖口のボタンの数

そして、この7つをしっかり守れば、白シャツをかっこよく着こなせますよ。