【着用レビュー】ダニエル・ウェリントンのブラックシェフィールドを着けてみたよ!

どうも、小物が大好きなフクオです。

ぼくは去年の誕生日に「自分へのご褒美」としてダニエルウェリントンを購入しました。

モデル名は男性用で1番人気の『クラシック・ブラック・シェフィールド』

いや〜、ホントに買ってよかった!!

この腕時計を着けはじめてから、背筋がシャキッと伸びたような気がします。

 

ぜひみなさんにもダニエルウェリントンの良さを知ってほしいので、着けてみた感想や購入時の注意点をまとめました。

さらに僕が実際に着用している画像もお見せします!!

この記事を読んでモヤモヤをスッキリさせてくださいね。

 

 

ダニエル・ウェリントンの全体的な評価

まず最初に伝えたいのは「本当に買って良かった!!」ということです。

自分へのプレゼントとして買いましたが、とても満足しています。

デザインがごちゃごちゃしてないので、とにかく使いやすい。

これからも長く愛用していくんだろうなぁ…

やっぱりシンプルなものは使い続ける。これが人間の心理です。

逆にデザインにこだわりすぎたモノって、結局使わなくなりますよね。

フクオ
ファッションアイテムは、個性的なモノよりも長く使えそうなモノを選ぶ!コレ鉄則!

 

ダニエル・ウェリントンの着用画像を公開!!

では、早速ですが着用画像を公開しちゃいます。

こちらが僕のダニエル・ウェリントンです。※サイズは36mm

黒いベルトに黒の文字盤で、男っぽいデザインに仕上がっています。

やっぱり腕時計は黒がしっくりきますね〜!

 

すこし離れて見ると、こんな感じです。

時計自体が薄いので変に目立つこともありません。

自然に馴染んでくれるので使いやすいです。

 

つぎは裏側です。

 

ベルトの金具部分にはブランド名の頭文字。

こういう細かい部分にもオシャレさを感じます。

 

ベルトの穴は全部で8つ。

僕は手首周りが細くて約15cmしかないんですが、それでも上から2番目の穴でぴったりでした。

だから手首が細い人でも使えます!!

 

文字盤の裏にもダニエル・ウェリントンの頭文字。

ちなみに2017年以降のモデルには、シリアルナンバーが刻印されています。

これが本物の証拠になるので、購入したあと確かめてみてください。

 

横から見たらこんな感じです。

すごく薄いのでコーディネートの邪魔をすることはありません。

スーツスタイルにもマッチします。

 

 

ダニエル・ウェリントンのコーディネート例 7パターン

【引用】WEAR

フクオ
全体的にシンプルなコーディネート。ダニエル・ウェリントンはゴツくないのでよく馴染んでいます。

 

【引用】WEAR

フクオ
こちらの方も黒ベルトのダニエル・ウェリントンを着用。手首など、体の先端部分に黒色があると全体が引き締まって見えるのでおすすめです。

 

【引用】WEAR

フクオ
この方は僕と同じダニエル・ウェリントンですね。黒のベルトに黒の文字盤は、クールなカッコよさを感じます。

 

【引用】WEAR

フクオ
こちらの方はストリートファッションブランドにダニエル・ウェリントンを合わせています。幅広いコーディネートに使える万能アイテムですね。

 

【引用】WEAR

フクオ
こちらの方は茶色のベルト。茶色も大人っぽくて渋いのでオススメ
です。

 

【引用】WEAR

フクオ
こちらの方はスーツスタイル!全然違和感がありません。さすがダニエル。

 

【引用】WEAR

フクオ
な、な、なんと浴衣に合わせている人まで…でも、違和感ないですね。すばらしい!

 

 

ダニエル・ウェリントンを買って感動した3つのポイント

  1. リーズナブルなのにイタリア製レザー
  2. ムダを削ぎ落としたシンプルな文字盤
  3. シチュエーションに合わせてベルトが交換できる

ダニエルウェリントンの魅力を3つにまとめました。

ここに人気の秘密が隠されています。

では、順番に見ていきましょう。

 

1, リーズナブルなのにイタリア製レザー

ダニエルウェリントンって価格が高くないから、購入前は「フェイクレザー」だと思ってたんですよ。

と こ ろ が…

使用しているのはイタリア製レザーだというからビックリです。

さらにムーブメントは日本製!

これほど高品質なのに良心的な価格で提供してくれています。

ダニエルさん、ありがとう(*^^*)

ムーブメントとは、いわば腕時計のエンジン部分。時計を動かすために必要不可欠なパーツです。自動巻きや手巻きなどいろいろ種類があります。

 

2, ムダを削ぎ落としたシンプルな文字盤

ダニエルウェリントンの文字盤は、とにかくムダがなくてシンプル。

なんと秒針まで取り除いちゃってます(笑)

でも、とくに不便さは感じません。

このデザインになった理由は「どんなベルトにも合う文字盤が必要だった」からです。

ダニエルウェリントンのベルトには、レザー、ナイロン、ステンレスの3種類がありますからね。

だから

 

3, シチュエーションに合わせてベルトが交換できる

ダニエルウェリントンはベルトを交換できることでも有名です。

だからシチュエーションに合わせて最適なモノを選ぶといいでしょう。

レザー、ナイロン、ステンレス、それぞれ雰囲気が違うので使い分けてくださいね。

レザーはビジネスシーン、ナイロンはカジュアルシーン、ステンレスはパーティーシーンにおすすめです。

 

ダニエル・ウェリントンを選ぶときのポイント

  1. モデル
  2. サイズ

ダニエルウェリントンを選ぶときのポイントについてまとめました。

もし迷ってしまう人は、『クラシック ブラックシェフィールド』の36mmサイズを買うといいですよ。

この記事の冒頭に実際に着用画像があるので参考にしてみてください。

 

1, モデル

ダニエル・ウェリントンの定番モデルと言えば、『クラシック シェフィールド』。

あの石原さとみがドラマの中で着用していたのもコレ!

すごく大人っぽくて落ち着いた雰囲気なので、初めて買う人におすすめします。

 

 

2, サイズ

サイズ(mm) メンズ レディース
26 ×
28 ×
32 ×
34 ×
36
38 ×
40 ×

ダニエル・ウェリントンの文字盤には7つのサイズがあります。

性別によってサイズを選ぶのが一般的です。

男性なら36mmが一番おすすめ。

逆に38mmや40mmは注意してください。

ダニエル・ウェリントンは、海外ブランドなので海外の男性向けに作られています。

日本人の標準的な体型だとバランスが悪いので、やはり36mmがちょうどいいんです。

でも、よっぽど体格がいい人はあまり気にする必要はありません。

サイズについての詳細は、下記の記事にまとめているので詳しく知りたい方はどうぞ。

 

まとめ

今回はダニエル・ウェリントンの評判や着用画像をまとめてみました。

ではダニエルウェリントンの魅力をもう一度おさらいしましょう。

  1. リーズナブルなのにイタリア製レザー
  2. ムダを削ぎ落としたシンプルな文字盤
  3. シチュエーションに合わせてベルトが交換できる

「本当に買ってよかった」って思える良い腕時計なので、気になる方はぜひ一度着けてみてほしいと思います。