ネイビーのテーラードジャケットでメンズコーデを7パターン考えてみた!

大人っぽいコーディネートの定番でもあるテーラードジャケット。

その中でもネイビーカラーはとくに使いやすく、1人1枚は必ず持っておきたい洋服だといえます。

今回はネイビーのテーラードジャケットに限定したコーディネートを7パターン考えました!

個性的な組み合わせ方は載せていないので、多くの人にマネしていただけると思います。

「着こなすためのコツ」と「テーラードジャケットの選び方」も解説しているのでぜひ最後までお読みください。

Soya

この記事を読めば、ネイビーのテーラードジャケットを使いこなせるようになります。

 

ネイビーのテーラードジャケットを着こなすためのコツ

コーディネート例を紹介する前に、ネイビーのテーラードジャケットを着こなすコツについて解説します。

そのコツとは、ずばり「色の組み合わせ」です。

今回、紹介しているコーディネートのほとんどが「寒色系」のみで構成されています。

ネイビーを軸にしつつ、白・黒・グレーを取り入れた簡単なコーディネートです。

この組み合わせは、誰でも抵抗なく取り入れやすいので、初心者の方におすすめしています。

どうしても寒色系のみがイヤなら、靴や小物に一点だけ茶系を入れるのもいいでしょう。

これだけで絶対にハズさない色の組み合わせが完成するので、ぜひ取り入れてみてください。

Soya

コツはたくさんあるんですが、初心者の人でも分かりやすいようにあえて1つに絞りました。

 

【1】ストライプのシャツと合わせる

ストライプシャツ テーラードジャケット
着丈 66cm 71cm
肩幅 40cm 40cm
袖丈 60.5cm 58cm
身幅 48cm 51cm

今回、紹介するコーディネートの中でも一番おすすめなのがストライプシャツです。

とても清潔感があって、好印象を与えられると思います。それに仕事着でも私服でも両方いけるので便利です。

今回は「青 x 白」のストライプ柄を選びました。

テーラードジャケットの色味と合わせて、寒色系で統一しています。

「青 x 白」を持っていないなら、「黒 x 白」や「グレー x 白」のストライプでも問題ありません。

いずれにせよ寒色系であれば、問題なく合わせられます。

ストライプのピッチは、細いものを選んだ方が無難です。癖がなくて合わせやすいからです。

Soya

ストライプシャツを使う場合は、すでに柄が入っているので、ほかのところに柄を使わないでください。

 

【2】白シャツと合わせる

白シャツ テーラードジャケット
着丈 65cm 71cm
肩幅 40cm 40cm
袖丈 59.5cm 58cm
身幅 47cm 51cm

こちらは定番の白シャツコーデですが、正直なところ少し難しいかもしれません。

この組み合わせは、良く言えば「シンプル」ですが、悪く言えば「地味」です。

顔立ちがハッキリしている人なら、シンプルな服装でも好印象を与えることがあります。

でも、顔の印象が薄い方だと、「地味」だと思われるかもしれません。

そのため、地味さをカバーするための「何か」を足してあげる必要があります。

今回は「黒のニット帽」と「アクセントになる色味の靴下」を足しました。

ほかにも柄物の靴下やメガネ、キャップなど、いろんな組み合わせがあると思うので試してみてください。

Soya

柄物を足すときは必ず1つだけにしてください!

 

【3】チェックシャツと合わせる

チェックシャツ テーラードジャケット
着丈 68cm 71cm
肩幅 52cm 40cm
袖丈 56cm 58cm
身幅 53cm 51cm

深緑と赤茶色のチェックシャツを合わせました。

先に紹介した「白シャツ」や「ストライプシャツ」よりも、もっとカジュアルに寄せています。

このコーディネートの注意点は、チェック柄の色味です。

テーラードジャケットの色味に合わせて選ばないと、チェックシャツだけが浮いてしまいます。

色味が合っているかいないか、自分で見極めるのが難しいという人は、無理にチェックシャツを使わないようにしましょう!

 

【4】グレーのニットと合わせる

ニット テーラードジャケット
着丈 69cm 71cm
肩幅 41cm 40cm
袖丈 66cm 58cm
身幅 45cm 51cm

秋ファッションの定番として、テーラードジャケットにニットを合わせました。

無難な色を選ぶなら絶対にグレーです。

上級者になるとオレンジなどの主張が強い色も使いこなせますが、慣れないうちはグレー、その次に黒や白あたりが使いやすいと思います。

無地のニットで合わせると地味になってしまう人は、マフラーや靴下に柄を取り入れてみましょう。

または柄物のニットを選ぶのもアリですが、デザインの品定めに自信がないならやめておくのが無難です。

生地が厚すぎると腕周りがパンパンになることもあるので、買い物するときはその点も意識してみてください。

Soya

Vネックやタートルネックに変更してもOKです!

 

重ね着も簡単にできるよ

最初に紹介した「白シャツ」や「ストライプシャツ」をニットの下に着ることで簡単に重ね着ができます。

ただし、重ね着するほど腕周りがパンパンになりやすいので、その点は気をつけてください。

どうしても窮屈さを感じる場合は、重ね着用として少しゆとりを持たせたテーラードジャケットをもう一枚用意するのもおすすめです。

 

【5】ボーダーTシャツと合わせる

Tシャツ テーラードジャケット
着丈 63cm 71cm
肩幅 43cm 40cm
袖丈 16.5cm 58cm
身幅 43cm 51cm

ボーダーのTシャツと合わせるのも定番です。

気温に合わせて、ロンTに変更することもできます。

ボーダー柄は太って見えると言われますが、上からテーラードジャケットを羽織れば弱点をカバーできるので安心して使ってください。

襟の形は、クルーネック(丸襟)よりもVネックがおすすめです。

首元を露出させた方が美しい印象を与えやすくなります。

 

【6】無地のVネックTシャツと合わせる

Tシャツ テーラードジャケット
着丈 61.5cm 71cm
肩幅 43cm 40cm
袖丈 16.5cm 58cm
身幅 46cm 51cm

春〜夏、または夏〜秋の暖かい時期にテーラードジャケットを使う場合は、インナーにTシャツを着ると思います。

このときに気をつけたいのが襟の形です。

暖かい時期にテーラードジャケットを着るなら、できるだけ涼しい雰囲気を出したいので、クルーネック(丸襟)よりもVネックをおすすめします。

テーラードジャケットのように首元にVラインができる洋服には、Vネックがよく似合います。

Soya

ユニクロの500円のVネックTシャツを使っています!

 

【7】黒白チェックのノーカラーシャツと合わせる

ノーカラーシャツ テーラードジャケット
着丈 68cm 71cm
肩幅 42cm 40cm
袖丈 62cm 58cm
身幅 45cm 51cm

すこし雰囲気を変えたいと思ったときは、ノーカラーシャツで首元を露出するのもいいんじゃないでしょうか。

首元を露出すると、首周りがスッキリして美しく見えます。

ファッションテクニックの1つに「三つの首を見せる(首・手首・足首)」という方法がありますが、ノーカラーシャツはまさにコレです!

周りの人との差別化ポイントになるので、襟付きシャツに飽きた人はぜひ試してみてください。

 

ネイビーのテーラードジャケットとパンツの組み合わせ

  • 濃紺デニム
  • ブルーデニム
  • グレーのスラックス
  • 黒のスキニーパンツ

ネイビーのテーラードジャケットには、上記4種類のパンツがよく似合います。

中でもおすすめは濃紺デニムパンツで、上下の色を揃えることです。

上下の服の色味を合わせると、統一感が出てオシャレに見えやすいのでテクニックの1つとして知っておくと便利です。

とくに「ネイビー x ネイビー」は、抵抗感なく取り入れやすいので、必ず抑えておきましょう!

Soya

カジュアル感を出したいときは、ダメージが入ったブルーデニムがおすすめ

 

テーラードジャケットの選び方

詳細
ブランド A.TAKA
サイズ表記 1
サイズ(実寸) 着丈:71cm
肩幅:40cm
袖丈:58cm
身幅:51cm
素材 コットン60%
リネン(麻)40%
自分の体型 身長168cm
体重58kg

こちらは僕が実際に着用しているテーラードジャケットです。

今回、紹介したコーディネートにも使用しました。

なぜ僕がこのテーラードジャケットを選んだのか、そのポイントを解説していくので選び方の参考にしてみてください。

Soya

このテーラードジャケットを選んだポイントはサイズ感と素材です!

 

テーラードジャケットを選ぶポイント「サイズ感」

Tシャツやパーカーなら多少サイズが合っていなくてもごまかせます。

でも、テーラードジャケットは、サイズ感をミスると、とてもカッコ悪く見えてしまいます。

とくに袖丈と肩幅の長さは、めっちゃ重要です!!!

サイズの目安として、上に画像を載せました。ぜひ参考にしてください。

袖丈が長いと、

・手首の周りがだらしなく見える
・腕時計が見えない

といったデメリットがあります。

人間の視線は、体の末端部分に向けられやすいので、手首の周りはスッキリさせておくことが大事です。

肩幅のサイズは、大きいサイズを選ぶと肩が出っ張ったように見えてしまいます。

だから、テーラードジャケットを買うときは、必ず袖丈と肩幅を意識するようにしてください。

Soya

あえてオーバーサイズで着る方法もありますが、難易度が高いのでおすすめしません

 

テーラードジャケットを選ぶポイント「素材」

スーツで使われるウール素材のテーラードジャケットには、光沢感がありますよね。

でも、光沢感があるテーラードジャケットを私服で使うことに対して、抵抗感がある人は多いはずです。

そこでおすすめしたいのがコットン素材。

今回、僕が着用したテーラードジャケットにもコットンが使われています。

光沢感がなくなれば、カジュアルファッションに取り入れやすくなるので、購入する際は素材も確認しておきましょう!

 

ネイビーのテーラードジャケットおすすめ

先ほどテーラードジャケットの選び方を解説しましたが、そのポイントを押さえたおすすめ商品を紹介していきます。

 

・日本製ピケストレッチテーラードジャケット

着丈 肩幅 袖丈 胸囲
S 64.5cm 38.5cm 58.5cm 88cm
M 67cm 40cm 59.5cm 93cm
L 68.5cm 42cm 61cm 97cm
XL 70.5cm 44.5cm 63cm 103cm

こちらは日本製でスッキリとしたシルエットのテーラードジャケットです。

サイズ表を見るかぎり肩幅と袖丈のサイズ感がバッチリだと思います。

素材はコットン97%で光沢感が強くないため、スーツっぽさはあまり感じられません。

日常着としてガンガン着回しできる最高のパートナーになってくれるはずです。

ただし、肩幅だけ大きい方や腕周りが太い人は、窮屈さを感じるかもしれないので別の商品をおすすめします。

 

green label relaxing フリーリッチ カルゼ NT 2B ジャケット

着丈 肩幅 袖丈 身幅
XS 65.5cm 41cm 58cm 46cm
S  68cm  42cm  60cm 47.5cm
M  70cm  43.5cm  62cm  49cm
L  71cm  45cm  63cm  51cm
XL  72cm  46cm  64.5cm 53cm

ユナイテッドアローズの姉妹ブランドである『green label relaxing』のテーラードジャケットです。

サイズのバリエーションが豊富で、あなたにピッタリの一着が見つけやすいと思います。

素材はストレッチが効いていて、型崩れもしずらいのが特徴です。

1つ前に紹介したジャケットよりも光沢感が弱いので、よりカジュアルな雰囲気に近づけます。

 

まとめ

ネイビーのテーラードジャケットは、定番アイテムの一つなので、ぜひ基本的なコーディネートを知っていただきたいと思いました。

仕事で使えるのはもちろんのこと、デートにも最適なので便利です。

しかも寒色系をベースにすれば、意外と簡単に使いこなせます

ただし、地味になりすぎることもあるので、毎回鏡をチェックし、必要に応じて小物や色を足すようにしてください。